「遊ぶために使う」「未来のために貯金」アナタはどっち派?

結婚後の生活資金

お金は人間が自立して生活して行く上で欠かせないものです。独身の男女が生涯一人暮らしを続けた場合、必要になるお金は総額約一億円以上と言われており、思いのほか高額である事が分かります。

もしも結婚して子供を育てようと思った場合、教育費用も必要になってくるため貯金は欠かせません。結婚後の育児に備えてお金を十分に稼ぎたい場合、できる限り共働きで生活を続けるようにしましょう。家事を両立してくれる男性と結婚するだけでなく、出産前後に負担がかからない職場を選ぶ事が大切です。

なかには十分な育児休暇をとらせてくれる職場も存在していますので、仕事を辞めず安全に子供を育てるためにもこうした場所を選びましょう。また結婚後に大きくなる支出と言えば家賃の問題が挙げられます。特に結婚や出産にあわせて一軒家を購入するご夫婦がおられますが、一軒家に生涯かかる賃金と賃貸にかかる家賃を比べておくことが必要です。

一軒家を購入した場合、月々の家賃を支払う必要はなくなりますが、一方でローンを払う必要が生まれます。ローンは住人の年収に合わせて変える事ができませんので家賃よりも厳しい側面があります。また一軒家を購入した場合、住人が管理や修繕費用を支払う事になりますので、災害などに遭った場合は支出が大きくなります。家の強度はもちろんの事、立地に気を付けるようにしましょう。

本当に将来のために貯金を蓄えたい場合、どのような家に住むべきか良く考慮する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TITLE

2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

最近のコメント

    アーカイブ

    Tag Cloud